廃車 買取 ディーラー

廃車買取をディーラーにお願いするのは得ですか損ですか?

廃車の買取をディーラーに買い取ってもらうのはどうなのでしょう?

 

ディーラーだとほとんどのケースで下取りになり、次の車購入時の値下げ分に割り当てられます。

 

当然、買取価格はいくらでも付けられます。

 

廃車にする場合は、抹消手続きも必要になり、その手数料まで頂戴するといったケースもあります。
よって、廃車買取をディーラーにお願いする意味はあまりありません。

 

 

廃車の買取なら、その車の扱いに慣れた業者に買い取ってもらうのが一番です。

 

 

利用できる部品のリサイクル方法から、その販路ルートの確保や車体のニーズに詳しい業者に売るのが一番高く売れます。

 

 

例えば、
廃車といっても、過走行車であったり、低年式車、はたまた事故車や修復歴ありであったりと様々です。

 

過走行車や低年式車でも通常の買取店での売却は可能ですし、車種によっては高額査定になる事もあり得ます。

 

 

 

事故車や修復歴ありの場合は、廃車や事故車の専門買取業者も多く存在しています。

 

廃車の買取業者の場合は、主に解体や部品取りを行う為、車の廃車登録を行います。

 

 

この末梢登録を行えば、還付金といったお金が戻ってきます。
特に古い車であれば、元々支払っている税金が高いため、その分還付金も多くなります。

 

 

さらに、車体の価値も見てもらえれば、車体価格+還付金となり以外に高額になる事もあり得ます。
手続き手数料や、レッカー代を無料にしてでも買い取りたいという業者が居るほどです。

 

 

それだけ、廃車にするようなボロボロの車でも価値があるという事なんです。

 

 

どの店に売るのが一番高くなるのかは、結局は査定をしてもらわないといけませんが、
現在はほとんどが無料の出張査定やオンラインやメールで概算価格が分かるため、

 

 

廃車買取の場合でも、ディーラーにこだわるのではなく、
ディーラーに依頼するのとどちらが高く売れるのか一度試してみてください。